Language
JPN
ENG

【10.18】矢倉 英隆 先生 フランソワ・ラブレー大学

日時 2017年 10月 18日 15:00-16:00
場所 東京理科大学生命医科学研究所2階大講義室

Speaker
Hidetaka Yakura, MD, PhD, DPhil
Director, Institute for Science & Human Existance
Invited Researcher, Rrancois Rabelais University, France

矢倉英隆
サイファイ研究所 ISHE 代表、フランソワ・ラブレー大学客員研究員

Title
Towards a Metaphysics of Immunity
免疫の形而上学に向けて

Abstract
In the first half of my talk, I will introduce the concept of the “three layers of consciousness” and position the layer on which science depends most of the time. In doing so, I will stress the importance of the development of the third layer of conscience and its mobilization in our intellectual and cultural activities, as an ethics of knowledge for the future. The reason why I would like to discuss this problem is that I have noticed the lack of this activity in every aspect of human activities today, including politics and economics, and I think that will cause a negative influence not only to our culture but also to our own life. And in the second half, based on these reflections, I try to rethink the phenomena of immunity from the metaphysical perspectives.
前半では、最近発見した「意識の三層構造」を紹介し、そこから科学が主に用い ている 意識の層を明確にした上で、これからの知のあり方として、「意識の第 三層」の開拓とその動員による、それぞれの専門を超えた、より大きな全体に向 かう思考の重要性について触れたい。なぜなら、この層を用いた思考が政治を含 めたあらゆる領域に欠けているように見え、それが単に文化の質だけではなく、 われわれの生活にも影響を与える可能性が高いと考えるからである。これらの考 察を背景に、免疫という現象について形而上学からの解析を試みてみたい。

世話人:
岩倉洋一郎
東京大学生命医科学研究所 ヒト疾患モデル研究センター