Language
JPN
ENG

【11.29】Tak W. Mak (University Health Network,Toronto)

生命医科学研究所セミナー

Profe. Tak Wah Mak, PhD.
Director,
The Campbell Family for Breast Cancer Research Institute,
Princess Margaret Hospital, University Health Network,Toronto

Title: Beyond Immune Checkpoint Blockade: Emerging Strategies

日時:2016年11月29日(火) 16:30−17:30
場所:東京理科大 生命医科学研究所 大講義室

TAK MAK先生は1980年代にT cell receptorの発見を最初にCD8, CD4,CD28,IL-2 receptorなど極めて多くの免疫に関する重要な分子の発見とその欠損マウスの作製で大きな業績を残されました。最近話題の免疫チェックポイント分子CTLA-4欠損マウスの作成者でもあります。最近は免疫に止まらずがんの代謝研究にも大きな業績を残しておられます。イソクエン酸脱水素酵素の変異が白血病、グリオーマ、肉腫、胆道がんなどで発見されていますがこの阻害剤をいち早く開発し急性骨髄性白血病では優れた成果を上げています。今回は高松宮妃がん研究基金国際講演の講師として日本にいらっしゃいました。この期を利用し最近のがん免疫療法の発展とその先に目指すものをお話し頂きます。

連絡先:
東京理科大学生命医科学研究所
江角浩安

20161129