Language
JPN
ENG

【8.2】生田 宏一 先生(京都大学 ウィルス)

RIBS Seminar

日 時:8月2日 (水)15:00 –16:00

場 所:生命医科学研究所2階 大講義室

演 者:生田 宏一 先生

(京都大学 ウィルス・再生医科学研究所 免疫制御分野)

タイトル:グルココルチコイドによるIL-7レセプター発現と免疫機能の概日制御
 
要旨

グルココルチコイド(GC)は強い抗炎症作用と免疫抑制作用を持ち、薬剤として広く使われている。しかし、その生理的な機能については不明のことが多い。私達は、日内変動による体内のGC濃度の上昇が、T細胞においてIL-7RaとCXCR4の発現を上昇させ、末梢血から脾臓やパイエル板への再分布を促し、免疫応答能を高めることを明らかにした。したがって、GCは免疫機能を高める、生体防御ホルモンであると考えられる。また、内分泌系が免疫系に大きな影響を与えること、免疫機能が日内変動することも示唆された。
Host:久保允人 (生命医科学研究所)
E-mail: masato.kubo@riken.jp
 
20170802