Language
JPN
ENG

研究支援Research Support

ヒト疾患モデル研究センターでは学内・学外の研究グループに対し、以下の研究支援を行っています。
  1. ノックアウトマウス(キメラ)の作製支援指針
  2. 胚凍結保存支援
  3. 遺伝子改変マウス供給

1.ノックアウト(キメラ)マウス作製支援指針

1.支援の概要

ノックアウトマウス作製は、ヒト疾患モデル研究センターが支援します。ノックアウトマウスの作製について、遺伝子の構築に関する相談から、ES細胞への遺伝子導入、遺伝子相同組換えESクローンの選別、確認、キメラマウスの作製までの一連の過程を支援いたします。産まれたキメラマウスは当センターで離乳するまで飼育した後、依頼者にお渡ししますので、導入遺伝子の子孫への伝達の確認は依頼者側で行って下さい。学外の研究者も利用可能ですが、作製経費の一部を負担していただきます。

また、CRISPR/Cas9法によるゲノム編集も行っております。詳細については岩倉教授までご相談ください。

2.ノックアウトマウスの作製手順(ES細胞を用いる場合)

(1) 作製依頼書類を作成し、ヒト疾患モデル研究センター長(岩倉)に提出(別紙様式1)してください。 (2) 担当者とノックアウトマウス作製について打ち合わせを行います。
  • あらかじめ改変を希望する遺伝子に関しての情報、内外の競合状況やベクターデザインを提示してください。ベクター構築、相同組換え体の検出方法などは基本的に依頼者に提案していただきますが、初めてノックアウトマウスを作られる場合などはお気軽にご相談下さい。
(3) 依頼者側でターゲッティングベクターを作製していただきます。
  • neo、tk、DT-A などベクター構築に必要な遺伝子はこちらで用意致します。ES細胞は通常EGR-101(C57BL6N由来)を使用し、細胞はセンターで用意します。EGR-101以外のES細胞の使用を希望される場合は予めご相談下さい。
  • 相同遺伝子組換え体のスクリーニングは依頼者に行っていただきますので、予めスクリーニング法(サザン法、場合によってはPCRも可)を検討し、系が問題なく動くことを確認してください。BACの利用など、他の方法でターゲティングを行う場合には事前にご相談ください。
(4) ES細胞相同組換えクローンの樹立
  • ES細胞の培養、遺伝子導入からクローン単離まで、センター側が行います。
  • いずれの場合も、遺伝子の導入からクローンの樹立までに約1ヶ月を要します。
  • 樹立したES細胞クローンをお渡ししますので、事前に検討した方法に従って、相同遺伝子組換えクローンを同定してください。遺伝子解析用のgenomic DNAは各自調製していただきます。
  • 同定されたクローンを再増殖した後依頼者にお渡ししますので、サザン法により、標的遺伝子の5’、及び3’側で正確に相同遺伝子組み換えが起こっていることを確認して下さい。これらの解析で問題がなければ、キメラ作製の計画を立てます。DNAの解析は、ESクローンを依頼者にお渡ししてから1月以内に終える様にお願いしております。
(5) 通常、独立した2 - 3個のES細胞相同組換えクローンを用いてキメラマウス作製を行います。
  • この過程は2 - 3ヶ月を要しますが、センター側が行いますので日程などはその時にお知らせいたします。キメラマウスは生後約4週で順次依頼者に引き渡します。子孫への伝達は依頼者側で確認していただきますが、具体的な方法などは指導させていただきます。
  • 子孫への伝達が確認されてからのES細胞クローンの保管は各研究部でお願いいたしますが、センターにおいても一部保管します。

3.組換えDNA実験、および動物実験に関する承認

キメラマウスの作製を希望する場合は、「組換えDNA実験」指針に基づいてキメラマウスを作製する必要がありますので、予め遺伝子組み換え生物等安全委員会の承認を得て下さい。なお、導入用のDNAの作製にかかわる組換えDNA実験の承認は別にとる必要があります。また、予め動物実験計画書を動物実験委員会に提出し、動物実験の許可を得ると共に、マウスの飼育室を確保してください。

◯必要書類

(1)第二種使用等拡散防止措置確認申請書
(2)動物実験計画書

作製依頼申込書にこれらの書類を添付して下さい。

4.ターゲティングベクター、相同組換えES細胞等の購入、使用

EUCOMM、KOMPなどのInternational Knockout Mouse Consortiumから購入したターゲティングベクター、相同組換えES細胞クローンを用いて、キメラマウス作製を行うことが可能です。上記をご利用希望の方は、ご相談下さい。

5.作製経費(平成30年度から改訂)

  • ES相同組換えクローンの樹立:学外からの依頼の場合、一遺伝子あたり50万円。学内からの依頼の場合、一遺伝子あたり25万円。
  • 目的のクローンが得られず、再スクリーニングを行う場合は1回に付き学外者は25万円、学内は12.5万円を追加し、ベクターを再構築した場合は新規スクリーニングと見なします。
  • ES 細胞からのキメラ作製:学外からの依頼の場合、一遺伝子あたり50万円。学内からの依頼の場合、一遺伝子あたり25万円。追加キメラ作製を行った場合には、1 回につき学外者は25万円、学内は12.5万円。また、条件KO マウス作製のため、lox-P 配列などの有無で2 系統のキメラ作製を行う場合は、別々の料金とします。
  • 研究経費は実験を開始してから3ヶ月以内にお支払い下さい。また、たとえ目的のES クローンが得られなかった場合や、生殖系列キメラが得られなかった場合でも、上記経費を支払うものとします。

合わせて料金表をご確認ください。

お支払いの詳細につきましては岩倉教授にご相談ください。

6.共同研究について

  • 発生工学研究支援はヒト疾患モデル研究センターの活動の一部として行われるものですので、研究成果の発表に際しましては作製に関与した研究者等を共同研究者に加えていただきます。また、作製された遺伝子改変マウスによって得られた研究成果(論文別刷り、学会発表要旨など)をお知らせ下さい。そのほか、キメラマウスやトランスジェニックマウス作製に関する技術的なデータは、独自に発表することをお認め頂きますようお願いいたします。
  • 作製された遺伝子改変マウスは一部をセンターに寄託していただくことにご協力ください。センターではこの受精卵を凍結保存致します。遺伝子改変マウスを用いた研究成果を論文発表した後、外部の研究者から分与依頼があった場合は、作製依頼者と協議した後、供与致しますが、他機関への配布は作製依頼者の意志を尊重します。

2.胚凍結保存支援

作製依頼書類を作成し、ヒト疾患モデル研究センター長(岩倉)に提出してください(別紙様式3

  • 凍結卵作製におきまして学外からの依頼の場合、一系統につき100個程度の作製で20万円を負担していただきます。学内の場合は10万円です。
  • 凍結卵からの個体化を支援致します。学外からの依頼の場合、一系統につき38万円を負担していただきます。学内からの場合13万円になります。また、たとえ個体化が成功しなかった場合でも、上記経費を支払うものとします。
  • SPF化サービスを行います。学外の場合、一系統につき40万円を負担していただきます。学内の場合一系統につき15万円になります。凍結卵保存を希望される方は、別途ご相談下さい。

費用については料金表を合わせてご参照ください。

問い合わせ
小川修平 内線:6144 Mail:shugyaba[at]rs.noda.tus.ac.jp

3.遺伝子改変マウス供給

ヒト疾患モデル研究センターで作製または繁殖・維持している遺伝子改変マウスには、研究用に供給可能なものもありますのでご相談下さい。また、提供に際しては事務手数料をお支払いいただく場合がございますので、予めご承知おきください。

遺伝子改変マウス情報
疾患モデルマウスリストはこちら
問い合わせ
岩倉洋一郎 内線:6139 Mail:iwakura[at]rs.tus.ac.jp