Language
JPN
ENG

水田研究室Mizuta Lab.

水田 龍信 教授Ryushin Mizuta
研究室ホームページ
水田研究室Mizuta Lab.
研究分野Research Area
分子生物学Molecular Biology
研究テーマResearch theme
細胞死におけるDNA断片化の役割 → 遺伝子改変マウスの作製と生化学的解析
免疫系組換え機構の解明 → 組換え関連遺伝子の単離 → 原子間力顕微鏡によるDNA構造変化の可視化
臨床・応用 → 炎症の早期診断と治療法の開発 → 薬剤性肝障害の治療法の開発

 リンパ球B細胞は病原体やがんを排除する抗体を産生します。また、記憶細胞となり、私たちの体を感染から生涯守ります。一方、B細胞の制御異常は自己免疫病やアレルギーなどを引き起こします。このようなB細胞の活性化・分化・異常反応とその制御の仕組みを解明するために、私たちは、遺伝子の同定から細胞レベル・個体レベルにおける機能解析まで多彩な方法論を駆使して研究を行なっています。

研究紹介

「DNAの構造と変化」をキーワードに、細胞の生と死と再生の場において、染色体DNAがどの様に構造を変化させ、それがどういう役割を担っているのかに興味を抱いている。細胞の多様性を増すために、染色体DNAは時には組換わり、また、分化に伴い凝集・弛緩を繰り返し、最後は細胞の死と共に分解の道をたどる。誕生後38億年の生物の歴史はそのままDNAの変遷の履歴といっても良く、その構造と変化を学ぶことにより、生物の存在意義と来し方行く末を見据えて行きたいと思う。

Ryushin Mizuta Professor

Labo’s Website

Mizuta Lab.
Research Category
Division of Molecular Biology
Research theme
The physiology of DNA fragmentation in cell death.
Generation and analysis of DNase gene-defective mice.
Analysis of DNA recombination in the immune system.
Cloning of recombination related genes.
Visualization of recombination processes with atomic force microscopy.
Applications of results.
Diagnosis and treatment of inflammation.
Development of new protocols to detect oxidative stress.