Language
JPN
ENG

所長メッセージMessage

生命医科学研究所長樋上 賀一

いのちの根源を明らかにし健やかで活動的な人々の暮らしを支える生命科学・医学を求める

東京理科大学生命科学研究所は1989年、生命科学を基礎とした産学協同研究拠点として設立され、本学の生命科学研究開発拠点の役割を果たした。1995年には、免疫学を中心とした研究所に大きく変貌し国際研究拠点としての体制を整え活動を続けてきた。この間、学問の急速な進歩により、分子レベルでのメカニズムの解明が新しい疾患概念、診断法、治療法に結びつく時代になり、時代の要請にも合わせ2012年には臨床開発部門を設置し、生命医科学研究所と改名し医療への挑戦を明確な目標として打ち立てた。

以来、がん医療基盤形成事業で薬学部、理工学部、基礎工学部、工学部と強く連携し学内医理工連携の中心を果たしてきた。また、全学的な共同研究を一層進めるためヒト疾患モデル研究センターの設立と運営を行ってきた。これらの活動を通じ、生命医科学研究所のみならず東京理科大学内の基礎的研究成果医療領域での実用化へのハブの役割も担ってきた。このため、学内での生命科学、医理工連携分野の共同研究の強化はもとより、学外の医療機関、大学、研究所との共同研究体制、実用化促進のため産業界との連携拠点を形成してきた。

これらの歴史の上に、免疫学中心の研究活動に加えて、学内の多くの研究者との連携の下に発生、神経、炎症の基礎研究からがん、神経、難病など幅広い医学研究の推進と、学内の研究成果の医療応用推進を指向する研究組織の確立を目指し再編を進めている。その準備として2017年度には、医療技術・機器開発部門の新設、学内の併任教員の発令、学外からの医療系客員教員の招聘を進め、さらに2018年4月から国立がん研究センターとのクロスアポイントメント制を活用した医療機器開発拠点を国立がん研究センター東病院先端医療開発センター内に設置し共同運営を開始した。また、産業界等の大型外部資金の導入による研究力の飛躍的向上を目指し、2018年4月から新たに炎症・免疫難病制御部門を設置し、この分野で大きな業績を上げさらに実用化のための臨床研究を推進しているグループを招聘した。これらの他、外部資金により運営してきた研究グループの大学発ベンチャー企業の設立準備が進行しているなど、近年の生命医科学研究所は目覚ましい変化・発展を遂げている。

生命医科学研究所はこのように、自ら幅広い生命・医療に関する基礎的・応用的研究を学内共同研究により推進するとともに、学内の叡智と研究成果を医療に社会実装するハブの役割を果たすため、広い範囲の多様な優れた基礎生物学・医学研究者の陣容を擁する研究所を構築し、生命に対する畏敬の念と病に苦しむ人への慈しみの心を持った学問を進める。