Language
JPN
ENG

所長メッセージMessage

生命医科学研究所長樋上 賀一

私たちのミッションはいのちの根源を明らかにするとともに健やかで活動的な人の暮らしを支え生命科学・医学の発展に貢献することです。

東京理科⼤学⽣命科学研究所は1989年、⽣命科学を基礎とした産学協同研究拠点として設⽴され、本学の⽣命科学研究開発拠点の役割を果たしてきました。

1995年には、⽇本免疫学の中興の祖である多⽥富雄博⼠を所⻑として迎え、免疫学を中⼼とした研究所に⼤きく変貌し、国際研究拠点としての体制を整え活動を続けてきました。この間、学問の急速な進歩により、分⼦レベルでのメカニズムの解明が、新しい疾患概念、診断法、治療法に結びつく時代となり、時代の要請にも合わせて、2012年には臨床研究部⾨を新たに設置し、研究所名を⽣命医科学研究所と改称し、医療への挑戦を明確な⽬標として打ち⽴てました。また、1997年4⽉には、研究所附置の⼤学院、⽣命科学研究科も開設されました。

⽣命科学研究科は、基盤となる学部を持たず、物理、化学、⼯学といった、⽣物、⽣命系以外の学部・学科の卒業⽣も受け⼊れ、広い視野に⽴った特徴ある⽣命科学の研究・教育を実施しており、その卒業⽣は、世界各地で、研究者や技術者として活躍しています。

2009年度の私⽴⼤学戦略的研究基盤形成⽀援事業が採択されたことにより、がん医療基盤科学技術研究センターが設置され、⽣命医科学研究所は、薬学部、理⼯学部、基礎⼯学部と強く連携し、学内医理⼯連携研究の中⼼的な役割を果たしてきました。また、全学的な共同研究を⼀層進めるためヒト疾患モデル研究センターの設⽴と運営を⾏ってきましたが、これらの活動を通じ、学内の⽣命科学・医学の基礎的研究から応⽤研究まで幅広い研究のハブ的役割も担ってきました。さらに、学外の医療機関、⼤学、研究所との共同研究体制、実⽤化促進を⽬的とした産業界との連携を強化してきました。2018年4⽉には、医療技術・機器開発部⾨(2020年4⽉より医療機器材料開発部⾨と改称)を新たに設置し、学内の併任教員の発令、学外からの医療系客員教員の招聘とともに、国⽴がん研究センターとのクロスアポイントメント制を活⽤した医療機器開発拠点を、国⽴がん研究センター先端医療開発センターに設置し、共同運営を開始しました。さらなる共同研究や他機関との連携の深化のために、2020年4⽉より共同研究部⾨を融合研究推進部⾨と改称する等、ますます活発に活動しています。

免疫学中⼼の研究活動に加えて、学内の多くの研究者との連携の下に、発⽣学、神経学、炎症の基礎的研究から、がんや難病など幅広い医学研究、臨床応⽤を⽬指すトランスレーショナルリサーチを推進しています。加えて、産業界等からの⼤型外部資⾦の導⼊による研究⼒の⾶躍的向上を⽬指し、2018年4⽉から新たに炎症・免疫難病制御部⾨を設置し、この分野で⼤きな業績を上げ、さらに実⽤化のための臨床研究を推進しているグループを招聘しました。このように、近年の⽣命医科学研究所は⽬覚ましい変化と発展を遂げています。

⽣命医科学研究所はこれらの体勢のもと、⾃ら幅広い⽣命・医療に関する基礎的・応⽤的研究を学内共同研究により推進するとともに、学内の叡智と研究成果を医療に社会実装するハブの役割を果たすため、広い範囲の多様な優れた基礎⽣物学・医学研究者の陣容を擁する研究所を構築し、⽣命に対する畏敬の念と病に苦しむ⼈への慈しみの⼼を持って研究を進めて⾏きたいと考えています。また、⽣命科学研究科においては、研究所の⽅針をよく理解した研究者や技術者を輩出していきます。

Director,
Research Institute for
Biomedical Sciences
Yoshikazu Higami

Our mission is “to contribute to clarifying the roots of life and developing the life sciences and medicine, to support active and healthy human life. ”

The Research Institute for Biological Sciences was established in 1989 at the Tokyo University ofSciences to facilitate research and education in biomedical sciences.

Unique innovative projects, especially in the field of biomaterial science, were conducted in our institute. In 1995, Professor Tomio Tada, the founder of immunology in Japan, was invited to become the director; under his leadership, the research institute developed as a well-known international research center for immunology. Rapid progress in biomedical sciences, genetics of higher animals, analytical methods, and molecular biology has facilitated cross-border sciences in various fields. This situation has also led to reorganization of our institute. Over the last 10 years, the institute’s research field has also expanded to medical and translational sciences, as reflected in its new name, the Research Institute for Biomedical Sciences in 2012, and in the formation of the Center for Animal Disease Models in 2013. In 2014, our university formulated a strategy to enhance research activities by setting four priority areas of research field including medical and life science, and fully promoting original research.

In accordance with this policy, and with strong support by the university, our institute has launched a new division, named the Division of Biomedical Technology, in collaboration with other faculties in our university, and the National Cancer Center, by using a cross appointment system.

To further promote joint research, and to widen collaboration with other institutions, the Division of Collaborative Research was renamed the Division of Integrated Research in April 2020, and its activities have been further expedited. In addition to research of immunology, we aim to promote basic research, including embryology, neurology and inflammation, and to conduct a wide range of medical research for cancer and intractable diseases. In addition, to enhance our research activities with government and private funding, we invited a research group with significant achievements in translational research to work with us, and in April 2018, we established a new division: the Division of Molecular Regulation of Inflammatory and Immune Diseases.

These are obviously new challenges for our institute. Thus, the Research Institute for Biomedical Sciences has been changing and developing. Whereas applied sciences and translational research are clearly important, understanding of basic biological processes is often fruitful in unexpected ways. Accordingly, our institute must continuously develop as a hub for biomedical investigations, in our university and beyond. The Graduate School of Biological Sciences has been established as an attached school to the institute, and it has masters and doctoral programs in the biological sciences, and we enroll 20 to 30 students each year.

The most important principles of our institute are curiosity, respect for life, and sympathy to human suffering, and in the Graduate School of Biological Sciences, we aim to produce researchers and engineers who understand these principles.